ボランティアスタッフ紹介 鈴木 俊六 さん

鈴木 俊六さん

ハワイ島でカメと泳ぐ鈴木さん

初めてのシュノーケリングをして伊豆で”ソラスズメダイ”の色に魅せられ、又石垣島ツアーでトロピカルフィッシュと素晴らしいサンゴをみて”竜宮城”に行った思いでした。
こんなに素晴らしい世界があるなんてもっと多くの人たちにも体験して欲しいなぁ~と思って”シュノーケリング・インストラクター講習”を受講し、それ以来どっぷり!!

自分がゲストでのん気に楽しんでいた時と違い、人様の安全を預かる立場になると緊張の連続でパパラギスタッフのご苦労が身にしみます。
以前よりボランティアをいくつかやっていますが皆大地に足を着けて無意識に呼吸をしている陸の上。
ここでは体は海の中に浮き(海まかせ)呼吸は意識してコントロールしている別世界。
そのせいか、全ての行動や意識が一つひとつ真剣且つpureな心で物事が見れ、その結果海の包容力の大きさと森と海の繋がりという自然の偉大さをいつも感じています。
そして、毎回その場面に感謝です。
その様な思いで海の楽しさ、豊かさ、気高さ、すばらしさを老若男女多くの方々と共有できる喜びとさまざまな出会いに感謝しながら人生をenjoyしています。

海岸生物観察会等で子供さん達の生き物を見つけることのうまい事…感心します。
達人です。
又、シュノーケリングでも初めてだというのにスイスイ。全く子供は遊びの神様。
そしてあ~楽しかったと言われると、こちらも嬉しくなり、ボランティアとしての喜びを感じます。
理屈じゃなく体験体感して多くの事を感じ取り、学んでいくのでしょう。
その現場が”母なる海”です。是非その大切な現場で多くの皆さんとお会いできる事を楽しみにしています。