武本匡弘 講演会のお知らせ

2月にパパラギ“海と自然の教室”の武本による講演会が2回行われます。

◆ 海の中から地球が見える
日時:2018年2月3日(土)13:30~16:00(開場13:00)
会場:生活クラブ生協・埼玉本部(2階 会議室)
JR埼京線 中浦和駅より徒歩約3分
参加費:200円(資料代)

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

◆ マーシャルの人々は今
日時:2018年2月4日(日) 14:00~16:00
会場:藤沢市民会館第1展示ホール
JR・小田急線 藤沢駅より徒歩約7分
参加費:500円

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

みな様 お誘いあわせの上、ぜひご参加ください!!

 

 


葉山ウォーキングツアー報告

1月14日(日)年始めのイベント「葉山ウォーキング」に行ってきました。

冬らしい空気の澄んだ朝、なんと15名もの方にご参加頂きました!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

「日本ヨット発祥の地」の葉山港(あぶずり港)を出発。ウォーキング日和の天気です。

 

富士山や江の島もくっきり見えます。皆さん左手のテトラポッド(消波ブロック)に注目していますが、、、

 

防波堤の上に乗っているテトラポッド。実は毎年来る台風の波によって打ち上げられました!自然のパワーはすごい!!

 

岸辺の岩にボコボコあけられた穴。いったい誰が掘ったのでしょうか?

 

正解はこの「カモメガイ」です。貝殻の前部がヤスリのようになっていて、これを使って岩に穴を掘って住んでいるのです。この自然のパワーもすごい!!

 

色々な感動がいっぱいの「葉山ウォーキング」でした。
次回も是非ご参加ください!


渡嘉敷島シュノーケリングツアー報告

11月17日~19日で渡嘉敷島シュノーケリングツアーへ行って来ました。

渡嘉敷島シュノーケリングツアーなのに、思いがけず那覇の公設市場や美ら海水族館まで本島の観光もたっぷり楽しんだ3日間となりました。

 


とかしくマリンビレッジ前のビーチでシュノーケリング。海が近いというのは何とも幸せです。

 

ちょっと風が強いので、予定を繰り上げて本島へ。

 


沖縄のツアーは食事も楽しみです。昼からステーキで元気を付けて(笑)

 


美ら海水族館では人気のジンベエザメや、沖縄ならではの魚たちとご対面。

 

最終日は青空も顔を見せてくれました。

ご参加いただいたみな様、ありがとうございました。
また、ゆっくりと渡嘉敷島の海を楽しみに行きましょう!!


宮古島シュノーケリングツアー報告

11/10~12で宮古島シュノーケリングツアーに行って来ました。
海水温の上昇で、昨年は白化したサンゴが目立ちましたが、その後の様子はどうなっているでしょう?

結果から言うと、サンゴは順調に回復を見せ、昨年の様な違和感(?)はない海となっていました。
パッと見だけではわからない、サンゴの回復経過なども観察できるツアーとなりました。

 


恒例となった新城(あらぐすく)海岸でのお昼ごはんからスタート。海の音とそよ風に包まれながら食べるお弁当はひと味違います。
(注文をしていたお弁当屋さんが、全然違う場所に引っ越しをしていたのにはびっくりでした)

 

下地島の中ノ島ビーチ(別名 カヤッファビーチ)では、エコガイドカフェの猪澤さんから、サンゴの話を聞きながら実際の回復具合を観察しました。

 


夜は沖縄料理とオジー自慢のオリオンビールで「あっり、カンパイ!」

 

最終日は北東の風が強すぎて、予定していた吉野海岸には行けず・・・。
が、南側のビーチでたくさんのウミガメ達と会えました。なにが幸いするか、わからないものです。
来年からの定番コースになりそうです。

 

今回ご参加いただいたみなさん。今年も楽しみと学びがいっぱいのツアーとなりました。

 

来年の国際線就航を控えた伊良部島&下地島のビーチ沿いは、プチホテルの建設ラッシュ。
美しい海が、一時の利益を求める人たちによって破壊されない事を祈ります。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!!


シーカヤック&シュノーケリングツアー報告

逗子にてシーカヤック&シュノーケリングツアーを行いました。

9月から3回の海況不良中止を経て、やっとの開催!
天気、海況とこれまでの分を一気に挽回するような最高のコンディションでした!

 

出発前にまずは集合写真。いつもとは違う海にワクワクです。

 

ご協力いただいたコアアウトフィッターズの山口さん、足立さんによるレッスン。
これで初めての方も大丈夫です!

 

穏やかな水面を三浦の景観を楽しみながらのクルージング。
「これはハマりそう~!」の声も。

 

スタッフ藤田も楽しそう。カヤックレッスンからシュノーケリングまで、得意の手話を駆使しながらの活躍でした。

 

目的地の尾ヶ島に上陸!
長者ヶ崎を含めて大蛇の様に見える地形で、ここが尾の先にあたるということで付いた名前だそうです。
いよいよ三浦の海でのシュノーケリング開始!

 

陽の光を浴びて泳ぐハタンポの群れが気持ちよさそう。

 

なにしろイワシの群れがすごい!!豊かな海の証です。

 

伊豆でも人気のソラスズメダイはここでも色鮮やかに目を楽しませてくれます。

 

なんと、クマノミまで!相模湾はクマノミが生息する北限と言われています。

 

ビーチに上陸して、お楽しみの浜ご飯!地元で捕れたタコを使って炊き上げたご飯にシラス乗せ。 シンプルながら、美味しい!! サラダ、みそ汁、浜ご飯、デザート、コーヒーとアウトドアとは思えないフルコース!

 

シーカヤック、シュノーケリング、アウトドアランチコースと、三浦の海を満喫!の一日でした。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!!


初島シュノーケリングツアー報告

9月23日(土)、24日(日)で初島シュノーケリングに行ってきました。

23日は船も大揺れの強風で開催が危ぶまれましたが、港の中はいたって穏やかでソラスズメダイを捕まえたアオリイカなど、たくさんの魚たちに会えました。

24日は打って変わって穏やかな海。

外海では南の島からやって来たナンヨウツバメウオや可愛らしいミナミハコフグの幼魚、ハタンポの群れなども見られました。

熱海からたったの30分ですが、船で行く島の海はひと味違います。

船と海、そして島ならではの食事に温泉と、仲秋の初島をたっぷりと楽しみました。

 

 

熱海~初島間を運航するイルドバカンス号。
ダイバーやシュノーケラー以外にもたくさんの観光客がやって来ますが、海に入らずに何をしているのか、ちょっと不思議。

 

初島の海には大きなメジナやイスズミがこれでもかという位の数で泳いでいます。
今日の煮魚定食はお皿に無理やり押し込められたメジナ。
見たら食す。正しい魚との付き合い方です(笑)

 

24日のご参加者。
初の初島上陸の方や、昨年に引き続き一泊でゆっくりされたご夫婦など。
それにしても、お昼の「ご飯おかわり大会」には驚きました。

 

ご参加いただいたみな様、ありがとうございました!
また来年、お待ちしています!!

 


今期最後の伊豆シュノーケリング教室

今年最後になる、伊豆シュノーケリング教室が開催されました。
それにして、海の温かさ、水のきれいさ、魚の多さとこれで終わりにするのはもったいないほどのイイ海。
ベテランシュノーケラーから初心者の方まで、伊豆の海をたっぷりと楽しみました。
東海大学のボランティア実習も、全員無事に修了です!

さて、この後はシーカヤック&シュノーケリング、初島シュノーケリング、渡嘉敷、宮古島としばらく伊豆を離れての活動になります。
またまた、どんな海が見られるのかお楽しみに!!

今年のシュノーケリング教室にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
また海でお会いしましょう。

波ない、水温高い、水きれい、魚たくさん。
これ以上ないほどのコンディションでした。

 

海や魚の知識を付けると、また違ったおもしろさや発見があります。

 

ボランティアスタッフ、東海大学の学生さん達のおかげで、参加いただいたみなさんも余裕で楽しめました。

 

海から上がったらお腹もペコペコ。
伊豆店ではお団子の食べ放題が待っていました。


講演会「星と波と風と」 報告

53回目になる「地球環境を考える集い」として、パパラギ“海と自然の教室”の武本匡弘が講演会を行いました。

ヨットでマーシャル諸島への航海を行い、大海原で「目撃」した今の海の姿、気象変動の兆しなど、スライドと動画を使っての報告会です。

昨年、6月から始まった2年越しのプロジェクトは、シニアクルー(60代後半~76歳)達の夢を叶える航海でもありました。

急なお知らせにも関わらず、当日は会場いっぱいの方達にお越しいただきました。
ありがとうございます。

好評につき、次回の講演も決定いたしました。
10月1日(日)16時~17時50分
東京 中野で行いますので、ぜひ足をお運びください。

詳細はこちら

 

ヨットは風に対して、どちらに進むでしょう?
クイズも交えながらの講演です。

 

マーシャルの島々は、アメリカの核実験が行われた場所として、今もその傷跡が残されています。
写真は放射性物質を閉じ込めたルニットドーム。

 


東海大学シュノーケリング実習 報告

毎年恒例、2泊3日の東海大学シュノーケリング合宿が行われました。

パパラギ ゛海と自然の教室”で提供しているシュノーケリングインストラクター初級コースを受講し、ボランティア実習に参加すると単位が取得できるという、おいしいプログラムです。

合宿中に、シュノーケリングの指導、心肺蘇生法の実習、安全と海洋環境の座学と盛りだくさんの内容で海でのリーダーシップを身に付けます。

ボランティア実習では、普段の学生生活では接することのない年齢層(上も下も)の方々にシュノーケリングを教えながら、海の楽しさを伝えることが出来るまでになりました。

3日間一緒に過ごしていると、終わるのが寂しくなります。

あと1日実習が残っていますが、修了後もぜひ海が好きな人をたくさん増やすお手伝いをして下さいね!!

 

初日のインストラクターコース。男女6名ずつの参加です。

 

明日からのボランティア実践に向けて、インストラクター役と参加者役に分かれてのインストラクション講習。

 

初めての実践とは思えないほど、上手にそして気配りたっぷりの指導が出来ました!

 

子供を相手にすると、みんなやさしいお兄さん、お姉さんになります。

 

ボランティア実践1日目。

 

ボランティア実践2日目。
学生のみなさんのおかげで、参加者の方々も海での楽しい一日を過ごせました!

 

最後は伊豆店にてスイカ割。
なんと、この後スイカではなく木刀が・・・。

 


東海大学 大島シュノーケリング実習を担当しました。

東海大学の望星丸乗船体験実習で、寄港地の伊豆大島にてシュノーケリング実習を担当しました。

午前、午後と入れ替わりで海と山の両方から伊豆大島の自然を体験する一日です。
初めてシュノーケリングをする学生さんがほとんどでしたが、さすがの若さですぐに上達、黒潮の恵みがある海の魚たちとご対面しました。

午後には台風の影響も出てきましたので、日程的にもギリギリセーフの実習でした。

 

早朝5時の伊豆大島日の出浜。
今年は週末のスケジュールだったため、海と自然の教室スタッフは東海汽船の夜行便で大島にやって来ました。

 

実習船の望星丸がやって来ました。
望星丸は先日まで毎日放送で放映しいていたドラマ「マジで航海してます。」のロケでも使用されています。

 

午前中シュノーケリングのチーム。海から上がって、これから山へ。
「こんなに暑いなら、ずっと海にいたい!」ごもっともです。

 

午前中に三原山、午後シュノーケリングのチーム。
台風の影響が出る前に海に入れたのは、普段の行いのおかげでしょうか。