海岸ウォーキング ~海辺の散策・海からのメッセージ~

冬から春にかけての~ひと時をご一緒に!

冬から春にかけての海辺の散策は、新しい命の息吹や楽しさに満ち溢れています。
この季節ならではの静けさ、広々とした海岸の姿は大潮の干潮時だからこそ見られる海辺の姿。
そして、夏や秋の海岸では出会えない漂着物観察も楽しみのひとつです。
様々な貝殻や海藻など漂着物をみながら海からのメッセージを感じる楽しいひと時をご一緒に!

 

葉山森戸海岸

<葉山海岸 柴崎~森戸~葉山港>

4月17日(水)

葉山柴崎海岸より葉山港ヨットハーバーまでのビーチを散策します。
葉山ではこれまで貝、ウミウシなどの軟体動物300種、カニ類だけでも60種以上が記録されています。
生物が豊富なうえ、海岸に目を凝らしてみると様々な漂流物や遠い場所からのメッセージ(中には瀬戸内海からの漂着物)なども見ることが出来ます。

漂着海藻を使っての海藻おしばの楽しみ方も習います。
冬~春に観られる海藻の様々な色・形や美しさにも気づきます。
※ゲストMachaさん(漂着海藻解説)

10時:バス停「柴崎」集合
JR逗子駅改札正面バス停3番 9時30分発「葉山行き」に乗って下さい。(約15分)柴崎で降車。
京急線新逗子駅は、海岸側改札口バス停2番、同じバスで9時31分
12時半~13時頃葉山港ヨットハーバー着 昼食(ヨットハーバー内でお弁当又は食堂で)解散。

<片瀬海岸~江ノ島ウォーキング>

3月20日(水)・21日(木祝)

日本の海洋学発祥の地江ノ島、そして片瀬海岸を散策します。
今から140年前の1877年日本を訪れた米人動物学者エドワード・モース博士(東大動物学教授)
日本上陸後すぐに「大森貝塚」を発見、その後江ノ島に東洋初の臨海研究所を創設しました。
そんな歴史に思いをはせながら片瀬海岸~江ノ島モース記念碑~江ノ島海岸散策を行います。
20日は海藻おしば、漂着海藻を使っての楽しみ方の解説付き。※ゲストMachaさん(漂着海藻解説)
10時:小田急片瀬江ノ島駅改札口前集合 12時半頃江ノ島ヨットハーバーにて解散。


・参加費: 500円 (小中高生200円)小学生以下無料

・持参するもの: 飲み物(できるだけペットボトルなどの使い捨てボトルは避けましょう!)
筆記用具(お勉強熱心の方)お弁当を食べて解散の方はお昼のお弁当、歩きやすい恰好等

・担当:武本 匡弘(財)日本自然保護協会 自然観察指導員  ゲストMachaさん(平日コースのみ)

・主催:NPOパパラギ“海と自然の教室”

海藻押し葉


フォームが表示されない場合や、お電話でのお申し込みはこちらをご覧ください↓

Follow me!