望星丸乗船体験へようこそ!

望星丸乗船体験へようこそ!

東海大学所有の海洋調査研修船望星丸(2174t)での2泊3日クルーズは、東海大学教養学部人間環境学科の環境体験演習の中のプログラム「シュノーケリング」をNPOパパラギ“海と自然の教室”が担当し、約70名の大学生と共に夏の海を楽しみ、様々なことを学びます。

この航海の目的は、
「人間生活が水環境に及ぼしている影響を、講義と乗船体験を通して考える。
また、環境調査の実際を、船上での観測を通じて体験する。」
とあります。

様々な調査や、実習経験は実に楽しく、時には驚きと感動の経験となります。

観測

CRD

出港後早速調査・観測の始まりです。
先ずは、高深度の水温・水質・生物分布等が計測できるCTD観測です。
この日は水深700m地点までの水温、塩分濃度を計測し、深層水を採取します。



気象・海象

気象・海象観測と航海計器の見学です。
操舵室(ブリッジ)での航海計器の解説は海洋学部航海工学科の練習生(船員になる為の訓練中の学生)が行いました。

ジャイロコンパス、各種レーダー、無線機器など等、最新鋭の設備が揃っています。 どれもはじめてみるものばかりです。



表面観測

こちらは表面観測班です。
水色、塩分濃度、水温、透明度を計測器機を使わずに観測 します。
望星丸船長が直々に解説を行ってくれました。
今回の実習期間中は海もベタ凪だったため、表面観測にはうってつけの航海でした。



プランクトンネット

プランクトンネットの実験開始です。
稚魚ネット表層10分曳は実に楽しい実験です。
大きなネットが水面を泳ぐ姿は、まるで海のこいのぼりです。

海面表層を漂う生物達を目の細かいネットで収集します。



ガイダンス

夜はN.P.O.パパラギ“海と自然の教室”スタッフ武本によるシュノーケリングのガイダンス。

八丈上陸時にシュノーケリングを行う学生達は、前日の夜から海に入るのが待ちきれない様子でした。


船内生活

船内生活には独自の規律とルールがあります。
乗船後24時間以内に実施が義務付けられている避難訓練もその一つです。救命胴衣を着用して集合場所に迅速に集まる。
パーサー(事務長)からいざという時のサバイバル術が説明されました。



「釣ったものは食べる」が原則の船上生活。
昨日の大漁のイカはしっかりスルメになるべく天日干中…。

もちろん釣りたてもしっかり頂きました。 食べるべく現在サバキ中。
新鮮なイカは美味でした。



八丈上陸

今回の航海の目的地、八丈島へ到着です。
今年は過去に類を見ない程の好海況!

3年ぶりに八丈に上陸できたとのことです。
ちなみに、過去5年間に上陸できたのはたったの2回!
岸壁を目前にしながら海況不良の為Uターンした年もあったとか…。

今年は天候、海況にも本当に恵まれました。



サンゴ(ミドリイシ)が元気な南の海です。

透明度も15m以上!水深3m位のところにシマアジやカマスが群れで泳いでいました。
天気もよく、最高のシュノーケリング日よりでした。

望星丸のサンゴ

みごとなテーブルサンゴが広がります。


帰港

2泊3日のクルーズを終え、清水港へ帰ってきました!

「ほんとに楽しかった!」あっという間の3日間でした。

(写真掲載協力 吉田 聡明 さん)


b-omoushikomi.gif


望星丸乗船体験へようこそ!関連ページ

望星丸乗船体験へようこそ!
東海大学所有の海洋調査研修船望星丸(2174t)での2泊3日クルーズ...
望星丸クルーズ
遠洋・国際航海・旅客船(第一種船)、望星丸。全長87.98m国際総トン数217...