「 学校授業 」一覧

2018/8/17-19「東海大学生のシュノーケル実習」報告です!

今年も毎年恒例、2泊3日の東海大学シュノーケリング合宿が行われました。

パパラギ ゛海と自然の教室”で提供している【シュノーケリングインストラクター初級コース】を受講して、ボランティア実習に参加する合宿です。

合宿中に、シュノーケリングの指導、心肺蘇生法の実習、安全と海洋環境の座学と盛りだくさんの内容で海でのリーダーシップを身に付けます。

3日間の実習では、普段の学生生活では接することのない年齢層(上も下も)や得手不得手の個人差がある方々にシュノーケリングを教え、海の楽しさを伝えることが出来るようになりました。

私(佐藤麻衣)はその合宿にアシスタントとして参加するのはこれが初めてで、とても緊張しました。

実習生の皆さんはとても明るく、本当に海が好きなのでお客様にもその気持ちが伝わったと思います。

実習生たちの真剣な顔・笑い合う顔。そしてとても貴重な実習活動を目の前で初めて見て、自分がどういう風に実習生たちに分かりやすく伝えれば良いのかを改めて学ぶことが出来、とても勉強になりました。

1日目はシュノーケリング道具を使って説明の仕方~海・生物・危険生物の説明、心肺蘇生法といった授業です。

 

藤田INSTの説明の後、実習生同志でペアになって互いに指導を行う練習をしています。

 

2・3日目は実習生たちが実際にお客様に対応します。
初めて実践するので、もちろんスタッフやボランティアリーダーさんがサポートをします。
ウエットスーツを着るお手伝いもします。

 

ウエットスーツを着た後はスーツの浮力を実体験。
実習生たちはきちんと、お客様が怖くないようにサポートしてくれています。

 

シュノーケリング道具の使い方も、分かりやすく説明してくれています。

 

お客様が楽しむことが出来るようにするだけではなく、実習生たち自身も楽しむことが出来ています。
素晴らしい!!

 

実習生の皆さんがお客様を楽しませつつ、自分自身もたのしみ、きちんと学んだ3日間の成果です。

 

本当に素晴らしい学生たちに出会え、学び、自分も改善しなければならない課題を見つけることが出来ました。貴重な3日間をありがとうございます!

あと1日実習が残っていますが、修了後もボランティアに来て欲しいと思っています。

そして、海が好きな人をたくさん増やすお手伝いをしてください!!

東海大学生の皆さん、お疲れ様でした!!

 

佐藤麻衣


東海大学 望星丸シュノーケリング実習

東海大学の実習船「望星丸」のプログラムで伊豆大島のシュノーケリングに行ってきました。

 

今年は約70名の学生さんが参加、午前と午後に分けてのシュノーケリング教室です。

シュノーケリングが初めての学生さんも多かったですが、そこは若さのなせる業。

みなさん、すぐに慣れて水中世界を楽しんでいました。

 

少し冷たい潮が入って水温23度でしたが、陸が暑いだけに気持ちよさと共に

都内の蒸し暑さをしばらく忘れることが出来た一日でした。

 

実習を行う日の出浜。
防波堤に守られているので、海況も安定しています。
今回は水も特にきれいでした!

 

海に入る前に、安全に楽しむための注意点、シュノーケリングのコツを説明します。

 

自然環境学科のプログラムですから、昼食後はゴミの分別もしっかり行います。

 

午前中のチーム。
海を存分に楽しんで、これから火山博物館と三原山へ。
熱中症には気を付けて!!

 

お盆明けの伊豆シュノーケリングボランティア実習に参加される学生さんたちもいますので、また会えることを楽しみにしています!!


東海大学のガイダンスへ行ってきました。

今日は、東海大学の湘南キャンパスでガイダンスを行いました。
毎年、5月~8月で行う環境体験演習の事前説明です。

私たちが担当するのは、シュノーケリングインストラクター実習です。

鎌倉、伊豆のシュノーケリング教室で実際の参加者の方たちを相手にしたシュノーケリング指導と、ボランティア実習を通じてNPOが社会に果たす役割について考えるのが目的のこのコース。

今年もたくさんの学生さんが参加してくれることを楽しみにしています!

スライドを使いながら、実習の内容を紹介します。

 

用意したギャグは不発に終わりましたが、シュノーケリング実習の楽しさは伝わったはず。

ちなみに、今日は朝と夜の2回 スタッフ藤田が出演したレディオ湘南の番組も放送されました。

 

 


東海大学シュノーケリング実習 報告

毎年恒例、2泊3日の東海大学シュノーケリング合宿が行われました。

パパラギ ゛海と自然の教室”で提供しているシュノーケリングインストラクター初級コースを受講し、ボランティア実習に参加すると単位が取得できるという、おいしいプログラムです。

合宿中に、シュノーケリングの指導、心肺蘇生法の実習、安全と海洋環境の座学と盛りだくさんの内容で海でのリーダーシップを身に付けます。

ボランティア実習では、普段の学生生活では接することのない年齢層(上も下も)の方々にシュノーケリングを教えながら、海の楽しさを伝えることが出来るまでになりました。

3日間一緒に過ごしていると、終わるのが寂しくなります。

あと1日実習が残っていますが、修了後もぜひ海が好きな人をたくさん増やすお手伝いをして下さいね!!

 

初日のインストラクターコース。男女6名ずつの参加です。

 

明日からのボランティア実践に向けて、インストラクター役と参加者役に分かれてのインストラクション講習。

 

初めての実践とは思えないほど、上手にそして気配りたっぷりの指導が出来ました!

 

子供を相手にすると、みんなやさしいお兄さん、お姉さんになります。

 

ボランティア実践1日目。

 

ボランティア実践2日目。
学生のみなさんのおかげで、参加者の方々も海での楽しい一日を過ごせました!

 

最後は伊豆店にてスイカ割。
なんと、この後スイカではなく木刀が・・・。

 


東海大学 大島シュノーケリング実習を担当しました。

東海大学の望星丸乗船体験実習で、寄港地の伊豆大島にてシュノーケリング実習を担当しました。

午前、午後と入れ替わりで海と山の両方から伊豆大島の自然を体験する一日です。
初めてシュノーケリングをする学生さんがほとんどでしたが、さすがの若さですぐに上達、黒潮の恵みがある海の魚たちとご対面しました。

午後には台風の影響も出てきましたので、日程的にもギリギリセーフの実習でした。

 

早朝5時の伊豆大島日の出浜。
今年は週末のスケジュールだったため、海と自然の教室スタッフは東海汽船の夜行便で大島にやって来ました。

 

実習船の望星丸がやって来ました。
望星丸は先日まで毎日放送で放映しいていたドラマ「マジで航海してます。」のロケでも使用されています。

 

午前中シュノーケリングのチーム。海から上がって、これから山へ。
「こんなに暑いなら、ずっと海にいたい!」ごもっともです。

 

午前中に三原山、午後シュノーケリングのチーム。
台風の影響が出る前に海に入れたのは、普段の行いのおかげでしょうか。